映画『第九条』上映
    &
討論「9条問題の本質と抜本的な解決を論じ合う」

【2017/11/12(日)】

開催日
2017年11月12日(日)
時間
【映画】
 15:50開場 / 16:00開映 / 17:17終映
【討論会】
 17:20開場 / 17:30開演 / 19:30終了予定
 ※討論会のお席は、当日映画から鑑賞される方を優先させていただきます
料金(※映画・討論会は別料金となります)
【映画】
 一般 1,500円 / シニア 1,100円 / 学生 1,000円 / シアターセブン会員 1,000円
【討論会】
 一般・シニア 1,500円 / 学生 1,000円 / シアターセブン会員 1,000円
 ★『第九条』を当日ご鑑賞の方は、討論会 500円割引
映画『第九条』(2016年/日本/78分)
映画 第九条
©2016映画「第九条」製作委員会
日本国憲法第九条は維持か? 破棄か?
20XX年、時の政府は日本国憲法第九条の改正の検討に入った。 国民の意思を聞くため、諮問委員会を様々な職種の20代の若者12人のメンバーで作った。 弁護士で九条破棄派の秋葉(南圭介)、国際ボランティアNPO法人で海外での活動から九条維持派の五井(タモト清嵐)、防衛大学生で九条破棄派の木部(馬場良馬)、ニートで人の意見に流される岩間(聡太郎)等、それぞれの立場で第九条の議論を重ねて行く。 最初は議論する事に疑問視するメンバーであったが、日本国憲法成立の歴史を知り、少しずつ議論を重ねて行き、それぞれが日本の未来を真剣に考え、自分の想いを吐露して行く。 果たして、激しい意見の格闘の末、彼らの出した結論は?日本の運命はどうなるのか?
監督・脚本:宮本正樹
★詳細・上映日程は→こちら
討論会 登壇者
吉田栄司(関西大学法学部教授。専門は憲法。9 条の会・おおさか事務局長)
松竹伸幸(かもがわ出版編集長。「自衛隊を活かす会」(代表・柳澤協ニ)事務局長)
宮本正樹(映画監督、脚本家。作品に『第九条』、『共に歩く』など)
今井 一(ジャーナリスト。著書に『「憲法九条」国民投票』、『国民投票の総て』など)
討論のテーマ
自民党が他党を巻き込んで来年にも国会で発議しようとしている「9条改正案」(1項2項は触らず3項で自衛隊明記)は、これが国民投票で可決されれば、明文改憲の形をとった究極の解釈改憲となる。かといって発議阻止、現状維持と叫ぶだけでは、解釈改憲状態の抜本的解決には至らない。
どの党、誰が政権を執っているかに関わらず、国民は主権者としてこの根深い問題に向き合い自身の手で解決しなければならない。では、どう向き合い、どう行動すればいいのか。そうしたことを論じ合い、参加者と共に考えます。
お問い合せ
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com