山田誠二の『100万円で映画監督になる方法

山田誠二の
『100万円で映画監督になる方法
早く安く撮る「企画・脚本の発想」編』

【2017.11.26(日)】

開催日
2017年11月26日(日)
時間
13:30開場 / 14:00開演
イベント内容
映画の面白さを決定するのは企画と脚本が命です。
低予算で面白い映画を作るための企画と脚本はどのように発想するのか? その真実を具体例や見本映像を交えてたっぷりと解説します。
プロの映画監督としてデビューするには、どうすればいいのか?
小説家や漫画家ならば、個人作業で資金もいらず、懸賞に応募したり、出版社への持込でデビューをするという「システム」が確立されています。
しかし、プロの映画監督としてデビューするための「これ」という方法は、小説家や漫画家のような分かりやすい「システム」がありません。
映画は個人作業ではなく、多くのスタッフやキャストを集め、高額な「資金」を用意しなければならず、「プロの映画監督」となる以前の、自主映画の段階ですら、相当な労力と金額を必要とします。
しかし。
たった100万円で、「プロの映画監督」としてデビュー出来る方法があるのです。
数十万~数百万円の低予算映画を監督した経験を持ち、のちに一作一億円の予算でベストセラー作家・京極夏彦の直木賞受賞作を映画化した「京極夏彦・怪」シリーズのプロデュース・脚本を務めた山田誠二が、その実践的方法を「具体的」に、実例の作品の上映も交え、トークショー形式で解説します。
出演
山田誠二
山田誠二 <山田誠二プロフィール>
作家、映像プロデュース、映像監督、脚本、構成、映画評論、コミック原作、テレビラジオ出演等、マルチに活動。
代表作として、ベストセラー作家・京極夏彦の直木賞受賞作「巷説百物語」を映画化した「京極夏彦・怪」のプロデュース・脚本を担当。
田辺誠一・佐野史郎・船越英一郎・藤田まことら豪華キャスト陣を集め、自身も出演(山田堂誠八役)している。
また、脚本・監督作品として「女刑事と裸体解剖鬼」「化け猫魔界少女拳」「妖怪くノ一大戦争」「妖怪怪談全集恐怖に叫ぶ6人の女」「怪談死人の手ざわり」「怪談憑きまとい」などがある。「女刑事~」・「化け猫~」は世界一のホラー映画祭・シッチェス映画祭に招待され、「妖怪くノ一大戦争」はゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて注目を集め、フランスのジャパンエキスポに招待上演され、好評を博す。
また、「恐怖に叫ぶ6人の女」は、書籍の付録として製作された映画でありながら、国際映画祭で上映されるという、世界の映画祭初であろう快挙を成し遂げた。
著作も多数手掛けており「妖怪怪談全集・ひとり夜、読むな!」「心霊怪奇博物館」「幻の怪談映画を追って」「ゴジラ大全集」「18人の金田一耕助」「必殺シリーズを創った男」「秘録・必殺シリーズの創り方」「必殺大全集」や、漫画原作・脚本として「仕掛人藤枝梅安」「ゴルゴ13」「必殺始末人」「必殺仕置長屋」「妖怪くノ一大戦争」などがあり、「映画秘宝」等、雑誌・新聞にも多数寄稿。
料金
前売:2,000円
当日:2,500円
※別途1ドリンク代500円要
チケット予約
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「100万円で映画監督2」とお書きの上、
①お名前(ふりがな)
②電話番号
③メールアドレス
④人数
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
■ご予約受付完了メールは「ticket@theater-seven.com」のアドレスで送信しております。
迷惑メール設定などで受信拒否をされている方は、必ず「@theater-seven.com」ドメインが受信できますよう、設定の変更をお願いいたします。
主催・お問い合せ
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com