淵に立つ
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞

淵に立つ

(2016年/日本・フランス/119分)

【2017/4/7(金)~4/20(木)】

©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS
一見平和な家族が、ある異分子の侵入によって姿かたちを変えていく。
分裂と融合、崩壊と再生、罪と罰を重ねた果てには何があるのか?
私たちはなぜ、共に生きようとするのか?
郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。夫婦の間に業務連絡以外の会話はほとんどないものの、平穏な毎日を送るごく平凡な家族だ。
そんな彼らの前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。
利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。
章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、敬虔なクリスチャンである章江の教会活動に参加し、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。
八坂に負い目がある利雄は、家族の一員のように振る舞い、妻と親密な様子の八坂を見て見ぬ振りをする。
そしてある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。
8年後。八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。
工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。
母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。
だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる――。
予告編
公式サイト
http://fuchi-movie.com/
キャスト
浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治
スタッフ
監督:深田晃司(『歓待』『ほとりの朔子』『さようなら』)
上映時間
4/7(金)16:00(~18:04終)
4/8(土)~4/14(金)15:35(~17:39終)
4/15(土)休映
4/16(日)~4/20(木)15:35(~17:39終)
料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com