MOOSIC LAB 2017

MOOSIC LAB 2017

【日替わり上映】

シアターセブン
 【2017/12/23(土)~2018/1/5(金)】

第七藝術劇場
 【2017/12/23(土)~12/29(金)】

音楽×映画の祭典 ムージック・ラボ。
18組のアーティスト×映画監督が、ぶつかる。うまれる。
数々の監督やアーティストや俳優が巣立っていった「MOOSIC LAB」も6年目を迎えます。
今年で最後かもしれない――そんな思いで「面白そう」「観てみたい」と素直に思える長編、短編を選びました。
本当に最後になるか、ムーラボ史上最大の「変革」の年になるか、そんな混沌とした2017年の音楽×映画の祭典で栄光を掴むのはどのチームなのか? 生暖かい目でお見守りください!
公式サイト
http://17.moosic-lab.com/
上映スケジュール
 18:10~ シアターセブン  20:30~ 第七藝術劇場
12/23(土)AG
12/24(日)BF
12/25(月)特別プログラム1H
12/26(火)CE
12/27(水)DF
12/28(木)G
12/29(金)H
 17:20~ シアターセブン  19:40~ シアターセブン
12/30(土)特別プログラム1特別プログラム2
12/31(日)12/31(日)、1/1(元日) 休館
1/1(月)
1/2(火)AB
1/3(水)FE
1/4(木)GC
1/5(金)特別プログラム1H
上映プログラム
A:中の人/デゾレ/君がいて完成するパズル※
B:; the eternal/spring/左京区ガールズブラボー/KILLER TUNE RADIO
C:ねえこの凹にハマる音をちょうだい/意味なし人生ちゃん、宇宙へ
D:BEATOPIA/処女について/好きだから死んでください、お願い
E:Groovy/血、精液、そして死※
F:少女邂逅/GREAT ROMANCE Ⅱ
G:なっちゃんはまだ新宿/破れタイツのビリビリラップ
H:聖なるもの/ぱん。
特別プログラム1:花に嵐/ISOLATION
特別プログラム2:ぱん。/ゆれてますけど。/べー。
上映作品
A 中の人/デゾレ/君がいて完成するパズル※
『中の人』

出演:白幡いちほ、百元夏繪、やしろあずき、オクショウ、清水鉄平、黒嵜想、若林章子、サフキン・パーベル/劇場版ゴキゲン帝国、電撃少女-Electric Girl-
監督:田中穂先

夫に先立たれ、老後の楽しみもなく、人生に絶望した富士浦トミ子(76 歳)。ある日、トミ子は 孫娘である女子高生の富士浦みねね(16 歳)からパソコンをもらったことをきっかけに YouTube で密かに音楽活動を開始する。ただし、孫娘「みねね」になりすまして…。やがてネット上で「みねね=トミ子」はついに大ブレイク、イベント出演のオファーまで舞い込む展開に!トミ子は無事 に初出演イベントを乗り越えることができるのか?!


『デゾレ』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】審査員特別賞
ベストミュージシャン賞(円庭鈴子)・女優賞(葉媚)

出演:葉媚・円庭鈴子・村田唯
監督・脚本・編集:村田唯|音楽:円庭鈴子

あきと伊鈴(イーリン)は穏やかな場所で一緒に生活をしていた。伊鈴は、あきの日常を絵に描くのが日課だった。元気のないあきを見つめ不安になる伊鈴。今日はあきと一緒に音楽ユニットを組んでいたナツノが最後にやってくる 日だ…。


『君がいて完成するパズル』※
B ; the eternal/spring/左京区ガールズブラボー/KILLER TUNE RADIO
『; the eternal/spring』

出演:芋生悠、中山のえる、志塚茉里乃
監督・脚本:児山拓大|音楽:芋生悠( as e-mou. )

初春、都内スタジオ。Gt./Vo.芋生悠はメンバーを招集していた。彼女は二人に、初となる音源の正式リリース日程が決まったことを告げる。楽曲に俳優としての自身をどこまで反映するのか、自分とその一部となりつつある「演じる」という行為の分断に苦悩する彼女。結成から3枚のシングル完成に至るまで、彼女たちの製作風景に密着した’現在進行形’ドキュメンタリー。


『左京区ガールズブラボー』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】
ミュージシャン賞(Homecomings)

出演:渡邉日南子、とみぃはなこ
監督・脚本・編集:篠田知典|音楽:Homecomings

THIS IS NOT A YOUTH STORY.IT IS A STORY ABOUT YOUTH.


『KILLER TUNE RADIO』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】公式出品作品

出演:兼田いぶき、小川ゲン、モラル、宮井浩行、川籠石駿平、堀春菜 ほか
監督・脚本・編集 : 柴野太朗|音楽・録音 : 井上 湧

第9回田辺・弁慶映画祭グランプリ作品「モラトリアム・カットアップ」の監督・柴野太朗と、同作の主題歌や劇伴音楽のほか、録音・音響スタッフも手がけるミュージシャン・井上湧(Churchill)が今作でもタッグを組み、初の長編映画を制作。小さなラジオ局を舞台に、番組でかける「キラーチューン」を探すゆかり(兼田いぶき)と小山(小川ゲン)。怒涛の高速編集と組み上がる楽曲。ツメを折った思い出を巻き戻す、まさに実験的音楽映画(MOOSIC LAB)。

C ねえこの凹にハマる音をちょうだい/意味なし人生ちゃん、宇宙へ
『ねえこの凹にハマる音をちょうだい』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】ミュージシャン賞(伊藤ヨタロウ)・女優賞(伊藤修子)

出演:伊藤修子、伊藤ヨタロウ、長井短、井深克彦、原田優一、大堀こういち ほか
監督・脚本:加藤啓|音楽:伊藤ヨタロウ

文子は、繭と朋とシェアハウスで暮らしている。口下手な文子は、こっそり詩をしたためることで日々をやり過ごしている。ある日、繭の父親の現がシェアハウスにやってくる。自由に振る舞い、歌うように自分を表現する彼に心奪われる文子。文子が自分の気持ちに気付いた頃、現が失踪する。


『意味なし人生ちゃん、宇宙へ』

出演:伊東茄那、大友律、清水みさと、安川まり、牧野つくし、日高七海、野島健矢、二見悠、永井響
監督・脚本・編集:澁谷桂一|音楽:白波多カミン ほか

海のずっと沖に、人工衛星が落ちた。ニュースで見た。僕はさおりの打ち上げまでの一ヶ月、彼女と一緒に過ごした。沢山の祝福と激励と名誉を背に、宇宙へ打ち上げられていった、それまでの、一ヶ月の風景を思い出す。白波多カミンで思い出した。もらったCDプレイヤーはまだ動く。聴くたび思い出す。だけどなんだか思い出し尽くせない。

D BEATOPIA/処女について/好きだから死んでください、お願い
『BEATOPIA』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】公式出品作品

出演:佐久間悠、黒さき海斗、小川紗良 ほか
監督・脚本・編集 :小川紗良|音楽:黒さき海斗・E TICKET PRODUCTION

舞台は自然と食の豊かな田舎町。そこで暮らす高校生校生の悠と海、そして東京からやってきた大学生の凛、この3人を中心とした一夏の物語。悠と海はそれぞれの生活にもどかしさを感じている。そんな2人は共通の趣味を通じて、少しずつ心を開いていく。一方凛は、夏休みの間田舎町でドキュメンタリーを撮っている。ある日悠と海に出会い、彼らにカメラを向け始める。都会と田舎、家族と友達、夢と現実…様々な壁の立ちはだかる少年少女の夏休み。


『処女について』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】公式出品作品

出演:加藤才紀子、呉暁可
監督・脚本・撮影・編集・衣装・美術: 大﨑知日美|楽曲 ・・・・・・・・・ × hakobune

倫子(ともこ)と千世(ちよ)は十七歳で幼い頃から親友である。二人は思春期の悩みで色んな感情が混じり合って気持ち悪くなっていた。1週間後とある理由から私達のためのお葬式をすることを決める。


『好きだから死んでください、お願い。』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】公式出品作品

出演:岡本夏美、 花沢将人、岩田華怜、池田大
監督:かとうみさと(A4A.inc) |脚本:吉田香織、かとうみさと|音楽:ミオヤマザキ

主人公は自室で様々な殺し方を研究している女の子。ある日大学で男友達に遭遇し、会話をしている最中にそれは起きた。 心臓が破裂するほど高鳴り始めたのだ。そして主人公は会話後に倒れ、救急車で運ばれる事態になる。 医者の診断は「妄想癖」。その症状は度々起き、ある日怪しい男に介抱される事となる。その男曰く、「妄想癖」の治療法は男友達を殺すことだという。果たして主人公は「妄想癖」を治すことが出来るのだろうか。

E Groovy/血、精液、そして死※
『Groovy』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】審査員特別賞・最優秀男優賞(今泉力哉)

出演:今泉力哉、しじみ、吐山ゆん(破れタイツ)、谷口恵太、石倉直実、新谷惇泰

監督・脚本・撮影:吉川鮎太|劇中曲:ベントラーカオル「MICHA」

自殺大国日本、この国は1日に約100人もの人が自殺している。 音楽研究家の神崎(今泉力哉)はこの問題を重く捉えていた。 自殺を目前とした人に、もう一度だけ自分に向き合う力、意思を与えたい。 その方法が音楽を聴かせることではないかと考えた。 自殺を止める音楽を作るために神崎は研究を重ねていく。 音楽を完成させるためならどんな手段も厭わない。 なぜそこまで自殺にこだわるのか、それにはある理由があった…。


『血、精液、そして死』※
F 少女邂逅/GREAT ROMANCE Ⅱ
『少女邂逅』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】観客賞

出演:保紫萌香、モトーラ世理奈、松浦祐也、松澤匠 ほか
監督・脚本・編集:枝優花|音楽:水本夏絵

いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ。自己主張もできず、リストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕。ミユリは蚕に「紬」と名付け、こっそり大切に飼っていた。しかしある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。ミユリは生きる希望を失ってしまう。そんなときに「紬」という名前の少女が転校してくる。ひょっとしたら彼女は…ミユリは淡い期待を抱くが…。


『GREAT ROMANCE Ⅱ』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】観客賞・女優賞(清瀬やえこ)

出演:清瀬やえこ
監督・脚本:川村清人&飯塚貴士|音楽:The Wisely Brothers

MOOSIC LAB 2013で7分の短編ながら審査員特別賞を受賞した人間と人形が織りなす世紀のロマンス、ここに復活!

G なっちゃんはまだ新宿/破れタイツのビリビリラップ
『なっちゃんはまだ新宿』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】準グランプリ・ベストミュージシャン賞(POLTA)・女優賞(池田夏海)

出演:池田夏海、菅本裕子、河西祐介、尾苗愛(POLTA)、ふくだ傑(POLTA) ほか
監督・脚本:首藤凜|劇中歌:POLTA|音楽:笠野孝介

秋乃は近ごろ、同級生の岡田に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」可愛い「なっちゃん」友だちの少ない「なっちゃん」、なっちゃん、なっちゃん。ある日、タンスを開けるとなっちゃんがいた。戸惑う秋乃の前に彼女は幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのように。


『破れタイツのビリビリラップ』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】準グランプリ

出演:吐山 ゆん(破れタイツ)、西本 マキ(破れタイツ)、マチーデフ、前田聖来、小林勇貴、西村喜廣、中村祐太郎、松本卓也、今泉力哉、鈴木太一

監督・脚本・編集:破れタイツ|音楽:マチーデフ

関西から上京してきたガールズ映画監督ユニット破れタイツの初仕事はアイドルのPV撮影。
張り切る2人を他所に、アイドルが撮影初日に仕事を放棄!突如、逃走してしまう。逃してたまるかと、タクシーに乗り込む破れタイツ。アイドルを追いかける!おしゃべりで刻む!リズムムービー☆

H 聖なるもの/ぱん。
『聖なるもの』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【長編部門】グランプリ・最優秀女優賞(小川紗良)・ミュージシャン賞(ボンジュール鈴木)・男優賞(岩切一空)

出演:岩切一空、南美櫻、小川紗良、山元駿、縣豪紀、希代彩、半田美樹、佐保明梨(アップアップガールズ(仮))、青山ひかる、松本まりか
監督・脚本・撮影・編集:岩切一空|劇中歌:ボンジュール鈴木|音楽:有泉慧

4年に一度、映画研究会に現れるという「怪談の少女」。「少女」に選ばれ、彼女と作った映画は必ず大傑作になるという。一本の映画も撮れないまま大学3年生になってしまった僕の前に現れた「南」と名乗る黒髪の少女。優秀な後輩、伝説の先輩に囲まれ焦った僕は「南」を自分の映画に誘うが…


『ぱん。』
MOOSIC LAB 2017 コンペティション【短編部門】グランプリ・最優秀女優賞(辻凪子)

出演:辻凪子、海道力也、葵樹泉 ほか
監督・脚本:阪元裕吾&辻凪子|音楽:フライデイフライデー

パン屋の朝は早い。早朝アルバイトの小麦は寝坊をし遅れてバイトに向かう。 パン屋で働いているのは意地の悪い店長とその妻、アルバイトのインド人留学生とパートのおばちゃん。小麦はあの扉を開いてしまう。 その扉の向こうには…。そこから始まる小麦による復讐劇。パンで世界を救うお話。

料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,300円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円(※シアターセブンでの上映作品のみ)
第七藝術劇場会員:1,000円(※第七藝術劇場での上映作品のみ)

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com