海辺の生と死

海辺の生と死

(2017年/日本/155分/スターサンズ 配給)

【2017/10/28(土)~11/10(金)】

© 2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
ついてはいけないでしょうか
たとえこの身がこわれても 取り乱したりいたしません
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった……。
予告編
公式サイト
http://www.umibenoseitoshi.net/
キャスト
満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、秦瀬生良、蘇喜世司、川瀬陽太、津嘉山正種
スタッフ
越川道夫
原作
島尾ミホ「海辺の生と死」(中央文庫刊)/島尾敏雄「島の果て」ほか
上映時間
10/28(土)~11/3(金・祝)14:05(~16:45終)
11/4(土)・11/5(日)11:00(~13:40終)
11/6(月)~11/10(金)15:35(~18:15終)
料金
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com