放射線を浴びたX年後
2012年 第86回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画ベスト・テン第8位受賞

放射線を浴びた[X年後]

(2012年/日本/83分)
2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画ベスト・テン第7位受賞

放射線を浴びた[X年後]2

(2015年/日本/86分)

【2017/2/20(月)~日替わり上映】

南海放送 制作
 西日本・地方テレビ局制作ドキュメンタリー映画 特集上映
 全5作品と日替わり上映。
 詳細は→こちら
 ★相互割引あり 2作目以降 200円引き<一般料金の方のみ>
これは、遠い時代・遠い場所の話ではなく、私たちの[X年後]の物語である。
放射線を浴びた[X年後](2012年/日本/83分)
3.11後の日本に投げかける衝撃の告発~ 地方ローカル局が追った渾身のドキュメンタリー
放射線を浴びたX年後 1954年アメリカが行ったビキニ水爆実験。当時、多くの日本の漁船が同じ海で操業していた。にもかかわらず、第五福龍丸以外の「被ばく」は、人々の記憶、そして歴史からもなぜか消し去られていった。闇に葬られようとしていたその重大事件に光をあてたのは、高知県の港町で地道な調査を続けた教師や高校生たちだった。その足跡を丹念にたどったあるローカル局のTVマンの8年にわたる長期取材のなかで、次々に明らかになっていく船員たちの衝撃的なその後…。そして、ついにたどり着いた、 "機密文書"…そこには、日本にも及んだ深刻な汚染の記録があった― 南海放送(愛媛県松山市)では約8年にわたり、これまであまり知られることのなかった「もうひとつのビキニ事件」の実態を描いてきた。地元の被災漁民に聞き取りをする高知県の調査団との出会いがきっかけだった。制作した番組は「地方の時代映像祭 グランプリ」「民間放送連盟賞 優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞 大賞」など、多数受賞。2012年1月に「NNNドキュメント」(日本テレビ系列)で全国放送され反響を呼んだ『放射線を浴びたX年後』に新たな映像を加えた映画化。
スタッフ
 監督:伊東英朗
公式サイト
 http://x311.info/part1.html
放射線を浴びた[X年後]2(2015年/日本/86分)
「父は なぜ死んだのか?」
半世紀前の太平洋核実験 漁師たちが伝える無言のメッセージとは――?

放射線を浴びたX年後2 1946年、広島・長崎への原爆投下からわずか10か月後。
太平洋のマグロ漁場で、米国による核実験が始まった。
その後、多く漁船が操業する中100回以上続けられた核実験 ――。
闇に葬られたビキニ水爆実験の真相迫る前作『放射線を浴びたX年後』から3年。
高知県室戸市を中心に、各地での継続取材は、新たな展開を迎えていた。
安全や核をめぐって国のあり方があらためて問われる今、
かつて日本の繁栄を支えた海の男たちが自ら死を通し送り続けるメッセージに、地方TV局のディレクターが迫った渾身のシリーズ第二弾!
スタッフ
 監督:伊東英朗
公式サイト
 http://x311.info/part2/
上映日程
2/20(月)X年後110:00(~11:35終)
X年後212:00(~13:31終)
2/22(水)X年後110:00(~11:35終)
2/27(月)X年後110:45(~12:13終)
X年後213:00(~14:31終)
2/28(火) X年後210:45(~12:16終)
3/2(木)X年後110:45(~12:13終)
X年後213:00(~14:31終)
西日本・地方テレビ局制作ドキュメンタリー映画 特集上映
 全5作品と日替わり上映。
 詳細は→こちら
 ★相互割引あり 2作目以降 200円引き<一般料金の方のみ>
料金
一般:1,200円
シニア・学生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com