シアターセブン・プレミアムトーク
東西南北縦横斜め

第23回【2018.10.20(土)】ゲスト:ロバート・D・エルドリッヂ
第24回【2018.11.16(金)】ゲスト:小川和久
好評のシリーズが復活特別開催!
言論・報道・表現の世界に「自粛・萎縮・忖度」の空気が蔓延。日本の言論状況はかなり息苦しいものになりつつあります。そうした流れに抗して、政治権力のみならず何ものにも囚われることなく自由に発言し語り合う場を日本各地で設けなければならない。私どもシアターセブンはそういう思いを胸に、2016年3月、京阪神の要となる大阪・十三の地でこのトークライブをスタートさせました。ジャーナリストの今井一氏を聞き手に、政治・経済、芸能・文化、社会、メディア等々さまざまな分野の人が登場し、知的で刺激的な語り合いの場をつくっています。あなたもぜひこの空間に足を踏み入れてください。
■「東西南北縦横斜め」過去(第21回まで)の公演情報は→こちら
開催日・ゲスト
[第23回]
10/20(土) 19:15開場 / 19:30開演(21:15終了予定)

ロバート・D・エルドリッヂ(Robert D. ELDRIDGE)
(政治学者、元在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長
 元大阪大学大学院・国際公共政策研究科助教授)
3.11直後のトモダチ作戦の立案者としても知られるエルドリッヂさんだが、近年は特に日米の防衛的観点から沖縄の基地問題の調査・研究を進め、テレビや雑誌などで精力的に発信している。今回の公演では沖縄県知事選挙(9月30日)後の展開に触れつつ、沖縄の米軍基地問題について、また「9条と自衛隊」、「9条と日米安保」についての彼の考えを聞きます。
エルドリッヂ研究所のウェブサイト:https://www.robertdeldridge.com/ロバート-d-エルドリッヂ/
[第24回]
11/16(金) 18:45開場 / 19:00開演(20:30終了予定)

小川和久
(軍事アナリスト、静岡県立大学特任教授
 特定非営利活動法人・国際変動研究所理事長)
新聞、テレビなどでお馴染みの小川和久さんを招き、日本の防衛と安保・沖縄問題、さらには国や自治体の危機管理についてお話を伺います。横浜に住み首都圏を中心に仕事をされている小川さんですが、京都の同志社大学の出身で、大阪・東淀川の新庄小学校で学んでいた時期もあります。今回は、軍事・防衛、外交の話に加えて、プライベートな若かりし時代の思い出についても語っていただこうと思っています。もちろん観客のみなさんとのやり取りの時間もとりますので、この機会にぜひお越しください。
プロフィール
1945年12月、熊本県生まれ。陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部中退。地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。外交・安全保障・危機管理(防災、テロ対策、重要インフラ防護など)の分野で政府の政策立案に関わり、国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、日本紛争予防センター理事、総務省消防庁消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。小渕内閣ではドクター・ヘリ実現に中心的役割を果たした。電力、電話、金融など重要インフラ産業のセキュリティ(コンピュータ・ネットワーク)でもコンサルタントとして活動。2012年4月から、静岡県立大学特任教授として静岡県の危機管理体制の改善に取り組んでいる。
主な著書
『沖縄の闇――普天間1995~』『銃撃テロ対策ハンドブック』(以上、予定)『日米同盟のリアリズム』(文春新書)『トランプ大統領で日本はこう変わる』『戦争が大嫌いな人のための正しく学ぶ安保法制』『危機管理の死角 狙われる企業、安全な企業』『日本人が知らない集団的自衛権』『中国の戦争力』『それで、どうする! 日本の領土 これが答えだ!』『東日本大震災からの日本再生』『もしも日本が戦争に巻き込まれたら!』『この一冊ですべてがわかる普天間問題』『14歳からのリアル防衛論』『陸上自衛隊の素顔』『日本の戦争と平和』『日本の「戦争力」VS中国、北朝鮮』『日本の「戦争力」』『日本は「国境」を守れるか』『危機と戦う――テロ・災害・戦争にどう立ち向かうか』ほか多数。
過去の公演
[第22回]
10/2(火) 18:45開場 / 19:00開演(20:30終了予定)

撮影:青木司
平田オリザ
(劇作家、演出家)
兵庫県は演劇を専門的に学べる国内初の国公立大学「国際観光芸術専門職大学(仮称)」を豊岡市内に開校すべく近々文科省に認可申請を行うが、この大学の学長に平田オリザさんが就任します(予定)。
神戸新聞の記事⇒ https://this.kiji.is/405562134808691809?c=110564226228225532
オリザさんは2016年6月に[東西南北縦横斜め]に登壇した際、文化のチカラによる「まちおこし」について、豊岡・城崎での自身の活動を紹介しながら具体的に語りましたが、今回の大学開校、学長就任はそうしたこれまでの活動のさらなる展開にほかなりません。
なぜ演劇専門の大学開校なのか?この大学で学生に何を教え学ばせるのか?豊岡・城崎、兵庫県はこれによって何を得られるのか?
その構想について、オリザさん自身が存分に語ります。
料金
当日券一般:2,000円
当日券会員:1,800円
前売予約:1,800円
チケット予約
※ご予約受付の締切は、
(メール)開催日前日の23時59分までに届いたもの
(電話)開催日前日の営業終了まで
とさせていただきます。
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「東西南北」とお書きの上、
①希望日程・ゲスト名(両日のご予約も可)
②お名前(ふりがな)
③電話番号
④メールアドレス
⑤人数
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
■ご予約受付完了メールは ticket@theater-seven.com のアドレスで送信しております。
迷惑メール設定などで受信拒否をされている方は、必ず @theater-seven.com ドメインが受信できますよう、設定の変更をお願いいたします。
主催・お問い合せ
淀川文化創造館シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL&FAX:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

Forum7

twitter

Facebook

YouTube

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com