みずもとひろゆきアニメーションシリーズ
『よるのたんけん それと2つの旅の映画』

上映作品:「きおく きろく いま」「いぬごやのぼうけん」「よるのたんけん」
【2018.11.24(土)~12.7(金)】
■舞台挨拶予定
・12/7(金) 18:10の回
  みずもとひろゆき監督
ちょっと不思議でこわくて、けっこうかわいい
ドキュメンタリーと手作りアニメを横断する異才の作品を一挙公開!!
この映画をつくったひと
みずもとひろゆき(水本博之)

1982 年生まれ。ドキュメンタリーとアニメーションを横断した映画を製作。ドキュメンタリー分野ではグレートジャーニーで知られる探検家・ 関野吉晴の手づくりカヌーの旅に同行した映画『縄文号とパクール号の航海』(2015) を撮影・監督。現在も国内およびインドネシアなどにて取材中。
一方で本プログラムの3作のような手作りにこだわったストップモーションアニメーションを制作し、発表を続けている。
上映作品

きおく きろく いま

(2015年/18分)
95歳シスターの思い出に潜る
長崎原爆投下後、救援に向かったシスター橋口ハセさんのインタビュー映像を、長崎県大村市の1000 人がトレースしてアニメーション映像に置き換えていきます。1人の記憶が現在と交錯するとき何が浮かび上がるのでしょうか。

出演:橋口ハセ、片岡力、酒井貴史、池田理恵、水本博之

いぬごやのぼうけん

(2011年/22分)
大海原に流された少年と犬
大雨で犬小屋ごと海に流されてしまった少年と犬は、海に潜む不思議と危険を乗りこえて友達になっていきます。ガラス板の上に人形を置いて、少しづつ動かし撮影した手づくりストップモーション・アニメーション映画。

よるのたんけん

(2018年/22分)
旅にでれば仲間は集まってくる
ゾウとウサギは港で出発を待っていました。ゾウは南の島に行きたいと願い、かわいそうに思った管理人のおじさんは一晩だけ、町を散歩することを許可するのでした。8年かけて作られた、こどものための人形アニメーション第2弾。

声の出演:後藤ユウミ、53235、酒井貴史、横江とも子

予告編


上映時間
11/24(土)~30(金)14:25(~15:33終)
12/1(土)・2(日)18:40(~19:48終)
12/3(月)~7(金)18:10(~19:18終)
※11/25(日)・11/29(木)は「こどもげんき回」となります
※場内を少し明るくして上映致します。予めご了承下さい。
※お子様連れの方以外の一般のお客様もご来場いただけます。
料金
一般:1,300円
シニア:1,100円
学生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com