このトンデモ映画をみんなでワイワイ観よう!

トンデモ・シネマLIVE
『ベイビー・ブローカー』

第二部

Music Video撮影の舞台裏

【2019.2.20(水)】
開催日
2019年2月20日(水)
時間
18:45開場 / 19:30開演
出演
コメンテイター:大木ミノル、海道力也、稲森 誠、長嶺英貴
大木ミノル
大木ミノル
映画監督、「力-TAROU』「恋の映画を作ろう」「大阪最後の日」「最寄りの怪談」等、個性的な映画を撮り続け、2014年発表の「時空脱獄NINJA ジライヤ」では伊賀の國忍者映画祭 審査員特別賞、「時空脱獄NINJA」では映画少年短編映画祭 技術賞を獲得している。海外クラシック作品の普及にも努めている。

海道力也
海道力也
関西を中心にテレビ・映画で悪役俳優として活動中!出演作に「時空脱獄NINJIAジライヤ」「信長協奏曲」ほか等、ほとんどが悪役や組長役で付いた愛称は「組長」

稲森 誠
稲森 誠
舞台『うしおととら』のロングラン公演や松村芽久未(NMB48)主演の舞台などの出演・構成・台本を手がける。怪談『メリーさんの館』でも知られる大阪在住の人気俳優。

長嶺英貴
長嶺英貴
映画オタク教授。ジョイパックフィルム出身。全国で映画イベントを展開。2017年よりネットTV「シネマ古今東西」MCを務める。関西を代表する映画研究家の重鎮。
第一部

ベイビー・ブローカー ―BORN TO BE SOLD―

ベイビー・ブローカー
悪徳ブローカーからベイビーを守れ!
「ワンダー・ウーマン」のリンダー・カーターが正義の鉄拳を振るう!

たった14歳で妊娠してしまった少女アンディ。
社会事業家のケイトは生まれてきた子供をロバートに譲るように話す。
しかしロバートは悪徳業に子供を売りつけるベイビー・ブローカーだった
ケイトは子供を守る決心をするが、ロバートは凶悪だった。

■主演はその美貌から初代「ワンダー・ウーマン」を務めたリンダー・カーター。

■共演は名脇役ディーン・ストックウェル。TVから映画まで幅広く活躍。

■監督はTV「こちらブルームーン探偵社」のバート・ブリンカーロフ


監督・脚本:バート・ブリンカーロフ
出演:リンダ・カーター/ハロルド・グールド/ディーン・ストックウェル/シャロン・ファレル/エド・ネルソン
上映時間:85分
制作年:1981年
製作国:アメリカ

第二部 Music Video撮影の舞台裏

※21:30~21:50ごろ公演予定です。
料金<1ドリンク込>
一般:2,000円
ペア、あるいは学生 お一人様:1,500円
シアターセブン会員:1,800円

※ 学生割引は学生証のご提示が必要です。

※ 飲食物のお持込みはお断りいたします。

※ 未成年の飲酒は禁止です。

企画・構成
大木ミノル
WEB
WHD ジャパン:http://whd.dip.jp/index.html
  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com