世界で一番ゴッホを描いた男

(2016/中国・オランダ/84分)
【2019.1.12(土)~1.25(金)】
職人か芸術家か
芸術に人生を捧げた孤高の画家ゴッホ。そしてゴッホに魅せられ、ゴッホに人生を捧げる男-
フィンセント・ファン・ゴッホ。後期印象派を代表する画家でありながら生前は不遇な人生を送ったといっても過言ではない。自分の命を削りながら一筆、一筆をキャンパスに自身をぶつけ、芸術に人生を捧げて芸術の高みを目指したゴッホ。そんなゴッホに魅せられた男が中国にいた。20年にわたりゴッホの複製画を描き続け、本物の絵画を見たいと夢み、ゴッホに人生を捧げる男の姿を追った感動のドキュメンタリー。
2016年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭ワールド・プレミア後、多くの映画祭で上映される。2017年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では監督賞を受賞(「中国のゴッホ」)。またNHK 「BS世界のドキュメンタリー」では『中国のゴッホ 本物への旅』として短縮版が放映され反響を呼んだ。
"油絵村"とは
中国南部深圳市にある大芬(ダーフェン)は世界最大の「油画村」と呼ばれ、ゴッホをはじめとする有名画家の複製画が産業として確立しており、実に世界市場の6割の複製油画が制作されていると言われている。1989年香港の画商が20人の画工を連れてきたのがこの街の始まりで、現在、画工の数は1万を超える。毎年、数百万点の油絵がこの街から世界中へ売られていき、その総額は2015年で6500万ドルを超えている。
深?で画家を目指す者はまずは大芬にやってくる。複製画のみを手がける絵描きは「画工」と呼ばれ、「画家」と呼ばれるには公募展に3回入選しなければならない。「画家」になると専用の住居に格安で入れるなど優遇政策がとられている。1万を超える絵描きが暮らす大芬で、「画家」の称号を手に入れたものは300人もいないという。最近ではオリジナルの作品を制作する「画家」も増えてきている。
予告編
公式サイト
http://chinas-van-goghs-movie.jp/
キャスト
趙小勇(チャオ・シャオヨン)
スタッフ
ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
上映時間
1/12(土)10:10(~11:39終)
1/13(日)~15(火)11:15(~12:44終)
1/16(水)~18(金)15:30(~16:59終)
1/19(土)~25(金)14:50(~16:19終)
料金
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,500円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL/FAX
06-4862-7733
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com