ディリリとパリの時間旅行

(2018年/フランス・ドイツ・ベルギー/94分)
【2019.10.12(土)~25(金)】
【日本語吹替え版の上映日程】
10/14(月祝)・20(日)・23(水)
※その他の日程は「日本語字幕版」を上映
ディリリとパリの時間旅行
美しき黄金時代のパリ。
ピカソ、モネ、キュリー夫人、ロートレックら数々の天才たちに出会い少女が事件の謎を解いていく。
アニメーションで独特の美しい世界を表現する、フランスの鬼才ミッシェル・オスロ監督の最新作はパリへの想いに溢れた宝石箱のような作品だ。
ニューカレドニアからやってきた主人公ディリリは、最初の友人オレルとともに、この時代を彩った多くの天才たちと出会い誘拐事件の謎を解いていく。
ベル・エポックの時代のパリ。 ディリリは、どうしても外国に行ってみたくて、ニューカレドニアから密かに船に乗りパリにやってきた。
開催中の博覧会に出演し、偶然出会った配達人のオレルとパリで初めてのバカンスを楽しむ約束をする。その頃、街の人々の話題は少女の誘拐事件で持ちきりだった。男性支配団と名乗る謎の集団が犯人だという。ディリリはオレルが紹介してくれる、パリの有名人たちに出会い、男性支配団について次々に質問していく。
洗濯船でピカソに“悪魔の風車”に男性支配団のアジトがあると聞き、二人は向かうが、そこでオレルは狂犬病の犬に噛まれてしまう。
三輪車に乗ってモンマルトルの丘から猛スピードで坂を下り、パスツール研究所で治療を受け、事なきを得る。オペラ座では稀代のオペラ歌手エマ・カルヴェに紹介され、彼女の失礼な運転手ルブフに出会う。
ある日、男性支配団がロワイヤル通りの宝石店を襲う計画を知った二人は、待ち伏せし強盗を阻止する。その顛末は新聞に顔写真入りで大きく報じられ、一躍有名になったディリリは男性支配団の標的となり、ルブフの裏切りによって誘拐されてしまう。ディリリはオレルたち仲間の力を借りて男性支配団から逃げることができるのか? 誘拐された少女たちの運命は?
予告編
公式サイト
https://child-film.com/dilili/
キャスト
プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

日本語吹き替え版キャスト
新津ちせ、斎藤工 ほか

スタッフ
監督:ミッシェル・オスロ
上映時間
【日本語吹替え版の上映日程】
10/14(月祝)・20(日)・23(水)
※その他の日程は「日本語字幕版」を上映
10/12(土)~14(月祝) 15:10
※10/14(月祝)は吹替版
10/15(火)~18(金)14:40
10/19(土)・20(日)11:30
※10/20(日)は吹替版
10/21(月)~25(金)13:00
※10/23(水)は吹替版
料金
一般:1,800円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,500円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

淀川文化創造館
シアターセブン

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL
06-4862-7733
FAX
06-4862-7832
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com