山田孝之作品 日替わり上映
デイアンドナイト
TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No pain, No gain」

【2019.11.30(土)~12.6(金)】

デイアンドナイト

(2019年/日本/134分)
©2019「デイアンドナイト」製作委員会
善と悪はどこからやってくるのか。
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく――。善と悪はどこからやってくるのか。

名実ともに日本を代表する俳優・山田孝之が裏方へ徹し初の全面プロデュースに挑む。
主演に企画・原案も手がけた阿部進之介、監督に映画・MV・CMと映像表現の幅を広げる若き俊英・藤井道人と、同世代の才能たちがこころ揺さぶる人間ドラマを完成させた。 完全オリジナルである本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で、強く生きることの厳しさを描き出す。共演に安藤政信、清原果耶、田中哲司ほか。
キャスト
阿部進之介、安藤政信、清原果耶、小西真奈美、佐津川愛美、深水元基、藤本涼、笠松将、池端レイナ、山中崇、淵上泰史、渡辺裕之、室井滋、田中哲司

スタッフ
企画・原案:阿部進之介
脚本:藤井道人、小寺和久、山田孝之
監督:藤井道人
プロデューサー:山田孝之、伊藤主税、岩崎雅公

TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY
「No Pain, No Gain」

(2019年/日本/122分)
©2019・SDP/NPNG
山田孝之 5年間の全記録
俳優の山田孝之を5年強にわたり追いかけた長編ドキュメンタリー作品。 本作は、山田が30歳を迎えた13年から直近の19年までの約5年間(=2045日)、長期にわたって撮影を敢行。
これまで“芝居”以外のメディア露出の際には、まるで“山田孝之”を演じているかのようだった山田。本心の読めないミステリアスさを醸し出し、その姿が視聴者の興味をそそってきた。だが、本作で活写されているのは、挑戦を続け、懸命に生き、苦悩を繰り返しながらも「人生を楽しもう」と必死にもがく様子。人生の節目を迎え、信念を貫く実直な“山田孝之”が映し出されている。
タイトルに使用されている「No Pain,No Gain」は、「痛みがなければ、得るものなし」という意味を持つ英語の慣用句。これは、山田が撮影期間中に何度も呟いていた「楽しむために、楽をしない」という言葉に由来している。 山田は、今回の公開に際して「業界関係者は見ないでください。特に若手俳優は鑑賞してはいけません。担当マネージャーは厳しく言い聞かせてください」とコメントを寄せている。
キャスト
山田孝之

スタッフ
監督:牧有太

予告編

上映時間
11/30(土)20:35(~22:54終)デイアンドナイト
12/1(日)19:10(~21:17終)No pain, No gain
12/2(月)19:10(~21:29終)デイアンドナイト
12/3(火)19:10(~21:17終)No pain, No gain
12/4(水)19:10(~21:29終)デイアンドナイト
12/5(木)19:10(~21:17終)No pain, No gain
12/6(金)19:10(~21:29終)デイアンドナイト
料金
一般:1,500円
シニア:1,100円
専門・大学生:1,200円
中学生・高校生:1,000円
小学生以下:700円
シアターセブン会員:1,000円

■各種割引サービスについては→こちら

  • トップ
  • コンセプト
  • スケジュール
    • ライブ・イベント情報
    • 映画情報
  • 施設紹介
  • 住所&アクセス
  • お問い合わせ
  • 求人情報

YouTube

第七藝術劇場
同ビル6階 第七藝術劇場

淀川文化創造館
シアターセブン

〒532-0024
大阪市淀川区
十三本町1-7-27
サンポードシティ5階

TEL
06-4862-7733
FAX
06-4862-7832
お電話による
お問い合わせは
基本的に12時~18時の
時間帯でお受けします

MAIL
info@theater-seven.com